高齢者医療制度とは?

平成20年4月から、それまでの老人保健制度に代わり、新たな高齢者医療制度が創設されています。

この制度は、65歳から74歳までの「前期高齢者」と、75歳以上の「後期高齢者」とに区別されます。

前期高齢者はこれまでどおりの各医療保険に加入しますが、給付費については、健保組合や国保などの各保険者間で財政調整が行われます。

後期高齢者は今まで加入していた各医療保険からはずれて、都道府県単位の広域連合が運営する「後期高齢者医療制度」に加入することになっています。

このページのトップへ